だれかのすべて

      最後のひとりが いなくなる日の夜は
      ちょうど 前とおなじ答えを

      ないしょの祈りは 気が狂わないように
      もらえないことくらい わかってんだ

      かえりみち だれ おもうべきか

      街灯の数
      少し浮かれ
      うろおぼえで

      最期をみとろう なにも残さないように
      さわった手の温度 思い出も

      足音 止まれ
      だめになる そのぜんぶ
      汚れた目で ずっと みてきたよ



  lyrics